読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水平線がお日様とキスしながら

にのみやかずなり、ありおかだいき、みすたーちるどれん。すきなものを、すきなだけ、すきなように。

ベイジャン有岡くんおすすめの一曲まとめ


このブログで有岡くんの話をするのが初めてなのでちょっぴりどきどきしていますが、


金曜夜24:30〜の有岡大貴くんと高木雄也くんのラジオ

JUMP da ベイべー 略してベイジャン!

にて紹介された有岡くんおすすめの一曲たちがあまりにもおしゃれすぎるので、自分用にまとめてみました。

もし抜け等あればご指摘いただければ嬉しいです。



**************

有岡くんオススメの一曲まとめ


2014年

5/2 Marry You / Bruno Mars

5/16 Miss you / M-flo

5/23 Like I Love You / Justin Timberlake

5/30 Drowning / Conor Maynard

6/6 RISE & FALL(featuring STING) / Craig David

6/27 Both Of Us / B.o.B featuring Taylor Swift

7/11 星詩 / 大知正紘

7/25 This Is Love / will.i.am feat. Eva Simons

8/8 My First Kiss (feat. Ke$ha) / 3OH!3

8/22 トランキライザー / KREVA

9/5 Best Love Song / T-Painfeat. Chris Brown

9/19 Such A Fool / George Nozuka

10/3 Fine China / Chris Brown

10/17 Superhero / Simon Curtis 

10/31 Apologize(feat.One Republic) / Timbaland

11/14 クリスマス・イブRAP / KICK THE CAN CREW

11/28 These days / LOVE PSYCHEDELICO

12/12 Step Up / Samantha Jade


2015年

1/16 Bang My Head ft.Sia / David Guetta

1/30 time will tell / tofubeats with BONNIE PINK

2/13 Gone / N'Sync

2/27 Summer / Calvin Harris

3/13 radio / Musiq Soulchild

3/27 I Loved U / M Pokora

4/10 till Waiting / Sum 41 

4/24 Already Taken / Trey Songz

5/8 Don't Wanna Be feat.Jordan Morris / Banvox

5/22 She / 80kidz

6/5 White Flag / Far East Movement

6/19 Rock That Body / Black Eyed Peas

7/17 Cry Me A River / Justin Timberlake

7/31 Written In Reverse / Tiësto&Hardwell

8/14 Champagne Showers / LMFAO

8/21 Wait for you / V6

8/28 Don't You Worry Child / Swedish House Mafia

9/11 Gallery / Mario Vazquez

9/25 I Don't Like It, I Love It / Flo Rida

10/9 Five More Hours / Deorro×Chris Brown

10/23 Guardian Angel / Lil Eddie

11/6 Up / Jesse McCartney

11/20 LCDD / Tommy heavenly6

12/4 It's Gonna Be Me / 'N Sync 

12/18 Love Yourself / Justin Bieber


2016年

1/15 Tales / RIP SLYME

1/29 Melody / Far East Movement

2/12 テイラーになれないよ / チャランポランタン

3/4 ペンデュラム・ラヴ / タッキー&翼

3/18 Sweet Design / Sia

4/8 Sweet Girl / Teriyaki Boys

4/22 Walking In A Cloudy / WHITE ASH

5/6 Together / Taj Jackson

5/20 When I Was Your Man / Bruno Mars

6/3 Can't Stop The Feeling / Justin Timberlake

6/17 How Long Will I Love You / 映画「アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜」

7/1 In My Place / 80kidz

7/15 YUMEGIWA LAST BOY / SUPERCAR

8/12 Get Up feat.Far East Movement / Bingo Players

8/26 Summer Jam / Craig David

9/9 Talk To Myself / Avicii

9/23 Love For That feat.Shura / Mura Masa

10/7 Freedom / Pharrell Williams

10/21 16 / Craig David

11/4 ともだち with 小袋成彬 / 宇多田ヒカル

11/18 I don't wanna know feat.Enya & P.diddy / Mario Winans

12/2 I Hate This Part / THE PUSSYCAT DOLLS

12/30 PIKA★★NCHI DOUBLE / 嵐(有岡高木知念ver.)


2017年

1/13 your Days / ビッケブランカ

2/17 神の領域/KREVA


番外編

らじらー有岡くんゲスト

2017/2/25 ココラムウ/ビッケブランカ

**************


余裕があるかぎり随時更新予定です。

 

Mr.Children 未完 スタジアムツアー2015 映像感想


タイトルを、

Mr.Children 未完 スタジアムツアー2015 映像感想

としましたが、コンサートの内容ではなく、ボーナス映像のインタビュー部分の感想を備忘録的に残そうと思って書き始めました。




Talk about Stadium Tour 2015 未完

の中で印象に残った言葉たち


ーーーーーーーー

櫻井さん


"Mr.Childrenの音楽自体も、

僕個人の呟きみたいなことを歌っていても、

それが作品になって届いたときに、

リスナーの想いと重なってほしいな

というのが強いので。"

f:id:ninoooai:20161204152626j:plain


そもそもライブって何かを共有したい訳で。


想像力をなくしちゃいけない。

リスナーにも想像力をもって聴いてほしい。


その都度その都度、一人一人がバランスを変えてはやっていると思う、無意識に。

きっとみんながみんなを好きなんじゃないかなと思うし、だからこそ自然にバランスとったり誰かが調子悪かったらその分を請け負ったり自然にやれるんじゃないかと。


この足音を聴いてる誰かがきっといる

そんな想いを持ってこの曲を聴いてくれているんだなと思うと、自分で歌いながら鏡を見るように、同時にお客さんの足音を聴いていたいなと思うので。



ーーーーーーーー

田原さん


"見えないものというか、

そういうものを大切にしたいっていうのが、

誰しもあるんでしょうけど、

僕らの中にすごくあって、

そういうものが見れるように、

そういう光が見えるように、

願って演奏しているだけなんで。"

f:id:ninoooai:20161204152702j:plain


何か、一周したんですかね。すごくみんな、音楽に、Mr.Childrenというバンドに情熱をかけることが楽しいというか。


バンドというのは夢の乗り物だ(HEATWAVEの山口さんからの言葉)


その夢の乗り物に乗っていって、情熱をかたむけることによって、お客さんだったりとかそれぞれのメンバーのベクトルがぶつかり合って宇宙にいけるという、

Mr.Childrenもそういうバンドでありたいし、バンドとはそういうものであってほしい。

 


ーーーーーーーー

中川さん


"どんな音が届いてるんだろうって、

どんな風に聴こえてるんだろうって、

だからこそやり続けるのかもしれない。"

f:id:ninoooai:20161204153229j:plain


Mr.Childrenというバンドの音が、届いているって感覚的にあって、

音がこう、真っ直ぐ飛ぶ、真っ直ぐ飛んでいくイメージというか。


何かあるんです、一直線に向かうものがあると思っていて。それはたぶん俺らしかわからないのかもしれないし、自分だけしかわかってないのかもしれないし、


みんながみんな、全部が全部同じように感じる必要は全くないんですけど、自分の中でのね、指針としてあるのはあって。



ーーーーーーーー

JEN


"その日その日によって

変わってたような気がするので、

フレーズとかそういうのもあるでしょうけど、

この曲今日こんな風になるんだっていう、

上手く口では言えないんですけど。"

f:id:ninoooai:20161204152720j:plain


センターステージにいってずぶ濡れになった数曲あると思うんですけど、あのときめちゃめちゃ興奮してて覚えてないです。すごい楽しかった。


ーーーーーーーー





Mr.Childrenの音楽を聴くとき、もちろんエンターテイメントとして純粋に楽しむ気持ちがあるのと同時に、こんなにも自分に寄り添ってくれて、時に傷をえぐっていって、涙が出て。


どうしてこんなにも心が動かされるんだろう、そしてライブに行ったときに目の当たりにする、こんなに沢山のひとを動かすのはどうしてだろう


って湧き出る疑問に、

音楽や演出や歌詞のクオリティよりも前に(もちろんそれらが素晴らしいことで惹きつけられるのもわかった上で)

この人たちの、音を、想いを、光を、伝えたい届けたい、という気持ちの強さがあまりにも大きくて、それが伝わっているんだと気づかされます。


すごく当たり前かもしれないけど、やっぱり心を動かすのは心なんだよな、と。それは音楽だけじゃなくて、他の色んなもの全般に、素敵なことだなぁ、と。





そしてここに書いたインタビューの言葉たちはどれもニュアンスで、さらに全体の流れがあるので、もしこんな個人の備忘録を読んで、見てないけども気になってくださった方がいれば、ぜひ全部見てほしい…!です…!


ちなみに、この未完ツアーの収録日は2015/09/06の豪雨の日産スタジアムで、わたしも入った公演なので思い入れがすごくて、本編も最高です☺️


個人的に、悔しいことに2016年は生のMr.Childrenの音に触れることが出来なかったので…ヒカリノアトリエに向けて、の祈りも含めてのブログでした。


おわり。

6月17日

二宮さん、二宮和也さん、
お誕生日おめでとうございます。

にのを好きになってから毎年、6月17日を迎えるときにいつも考えます。
にのに何を伝えたいかなって考えます。

いっぱいいっぱい言葉は浮かぶけど、
結局伝えたいことは毎年同じで、
ありきたりな言葉ばかりで、

それでも一番に伝えたいことは、
おめでとう、と、ありがとう。だけです。

いつもいつも、しあわせをありがとう、です。

にのがアイドルでいてくれる、
同じ時代に生まれてよかったです。

にのが進む道に、そこに見える背中に、
これからもそっと風を送らせてください。

ただただ健康で、にのがお仕事できますように。
にのが望んだお仕事ができますように。
それをそっと見守らせてもらえますように。

それだけをずっと祈っています。

2016/5/29 ベイスト にの眠れない話 があまりにもツボだったので文字起こししました

2016/5/29 ベイスト にの眠れない話


が、あまりにもわたしのツボだったので自分用備忘録のため文字起こししました。タイトル通りですな。

自分で文字起こしといてなんなんですけど、文字見ながらにのの声聴くのもいつもと違ってなんか良いなって思ったのでもし音源ある方はぜひ3分程ですのでにののお声とともにどうぞ…


*****

うらあらしー!

先日のアリーナツアー広島公演で興奮して寝れなくて6時ごろ寝たとMCで話していたのを聞いたのですが、何で興奮したんだろうという感情に襲われたので二宮くんに教えてもらうためお便りを送りました。
にのが興奮っていつもありえない、いつもじゃありえないというか聞いたことがなかったので驚きました。
あの夜何があったんですか教えてください、だって。

いや、まま、これ、正直に言うとね、あのぉ、
何で寝れなかったか、わかっ、んない、んすよぉ。
でもぉ、まぁまぁ、しあわせな空間じゃないですかコンサートって、うん。
やっぱ興奮して寝れなかったって言った方がいいかな、って、まぁ、ただそれだけのことなんですよね(笑)
あんまりそこらへんの熱量を落とさずに話そう、とおも、ってぇ、だからまぁ言っただけで、別に何で寝れなかったか、って全然わかんないす。

途中からだんだん怖くなってきたりしましたもん、
なんかいるんじゃないかな、と思って。
でもなんかもぉそれを考えることも疲れてきちゃって、後半戦。
気づいたら6時…すぎぐらいかな、
で、次の日8時、みたいな。
2回できるかなぁ、って思いながら、やって、合間も寝れず。
で、ホテル帰って、それでようやく寝れたかなぁ。

でもねぇ、ときどきあるんですよ、ほんとに。
ドラマやってるときとかも。
朝、8時、、迎えとかでぇ、7時ぐらいまで起きてたりとか。
そうなんだよ、結構あるんだよなぁ、とっきどき。
定期的にある。

でもさぁ、こういう空気になるじゃん?
なんなのそれみたいな、こわいねぇ、みたいになるじゃん?
そんなんいちいちさ、言ってもしょうがないじゃない。
だっ、興奮した、っていう話をしたの。

でもドラマでそっち言ってもこわいじゃん。
いや昨日興奮してね?!おれ1時間しか寝てないんすよ?!
って言ってもさぁ、
ドラマの現場でじゃそれ通用するかって言ったらそれ通用しない訳ですよ。
なんでーあーな寝れねーったんだろーなー。っていうのが通用する現場もある訳。

いやドラマでそんな奴きたらおれ恐怖だなと思うよ、おれ、ほんとに。
何?こいつなんか急にきて、興奮しておれ1時間しか寝てないんすよって言ってくるこいつ何?
ってすご恐怖になっちゃうもんね、やっぱりね、
うん。

*****




このMCのレポは流れてきたのをわたしも確認していて、
レポ読んだときもひとりでわー!!ってなってたんですが。

今まで、主にベイストでかな?テキストとかもあったかな、
眠れないってことがない、眠くなるまで寝ないから。
って何度も言っているのを見聞きしていたので、この世界に眠れないにのみやさんがいる、ってことにそこはかとなく興奮してしまいました。

いや、もちろん寝てほしいよ?大前提として寝てほしい。にのみやくんには健康で安らかに生きてほしいし、眠れなくてどうしようなんて日がたくさんあったら困るんですけどね!
でもそれを飛び超えてにのの人間らしいところにぎゅーって。

最近はあんまり思わなくなったのだけど、もう少し若いときのにのから感じてた、寂しさをいっぱい背負ってるような雰囲気がすごくすきで、それがにのの人間らしいところだなってわたしは思ってて、この話でそれを久しぶりにみた気がしたんだよなぁ。

あと、このときどきあるという眠れない日の話を今までしてこなかったにのみやさんがこれまたすきなにのみやさんで。
そしていまそれを何気なく言ってくれたところにもぐっときてしまって。
何年か前なら言ってなかったんじゃないかな、なんて、勝手にうれしくなったりして、います。

MCではちょっと配慮して言ってるとこも、さらっと入れられたコンサートへの言葉も、なんかいるんじゃないかって怖くなってるのも、最終的に何の話やねんって感じで話題が終わるのも、まるっとすきだ〜〜〜。


うまく言葉にしきれず最後駆け足にしたけど、この話をなんとか残したかったので書けてよかった☺︎


(あくまでもわたしの中のにのみやさん像、でした。)

今日はたくさん寝ます、おやすみなさい!

重ねた分のでっかい愛を

本当に本当に嬉しくて、
笑っちゃうくらい自分のことみたいにしあわせで、
日付が変わったいまもふわふわしていて、
いまだにうまく言葉にできないけれど、まずは、

二宮和也さん、にのみやさん、にの、

おめでとうございます。

以前、にのを応援していて嬉しい瞬間、というのを書いたけれど、にのが喜んでいる姿を見るときも、またそのひとつで。
にのがしあわせそうに笑っていてくれるとき、このひとをすきになってよかったと、このひとを応援していてよかったと、こころから思います。
授賞式を見て、賞の大きさじゃなくて、にのの喜ぶ姿でそう思わせてもらえたから、ファンとして最高だ〜〜ほんと。
にのに笑顔でいてほしいからこそ、あらしといる、あらしでいるにのがすきなんだな、ともあらためて。

そして、あまり欲を見せないひとだから、じぶんもそんなに望みすぎずに応援してるつもりなんだけど。
ひねくれてるなんて言われることも時々あるけど、にのの熱くて素直なところに惚れてしまったから。昨日みたいににのの熱に触れるとき、また好きになる。何度も何度も。
にのが悔しいと思うなら、にのが欲しいと願うなら、そこに向かって風を送り続けたい。
だいすきなひとの目指す方向を、これからも応援したいです。

最後に、ありきたりだけど、いつも伝えたいことはこれしかなくて。
母と暮せばの製作発表の日、2014年12月17日、
そのときも隣り合わせだった言葉。
二宮さん、本当におめでとうございます。
いつもいつもはっぴーをありがとうございます!!!

にのを応援していて一番嬉しい瞬間。

あ。まただ。

って帰り道、
今日もコンサートのレポを読みながらの帰り道。
じぶんの目の前にある考え事をぐるぐると考えながらの帰り道。
こういう、にののことを考えてるときじゃない、別のことに気を取られてるときにいつも、はって気づくことが何度か。
そうか、あのときのにのの言葉の意味は、こういうことだったのか、と、すとんと、本当の意味で理解できた(気がする)瞬間があって。
まさに腑に落ちるというか。
これは、わたしがにのを応援してて一番嬉しい瞬間のひとつです。
わたしの中でこれだ。って真っ直ぐににのに辿り着いた気持ちになるのです。

もちろん、それが、にのが思っている本当のところと答え合わせができる訳でもなく、それが正解かはわかるはずなんてないけれど、いつも受け取り手に答えをゆだねてくれるにのだから、(というか答えなんてなくて、思いはそれぞれでいいってことなんだきっと、)だからこそわたしの中で、あのにのの言葉はこういうことだったのか!って気づいたこともひとつの正解でいいと思ってるのです。

ずっと前のインタビューでの言葉だったり、テレビでの発言だったり、リアルタイムというよりすこし前の、そのときは何とも思わなかった言葉だったり。
本当に、急に、はっ!ってなるから自分でも面白くて。
この瞬間は、そんなに数多くはないけれど、大人になるにつれて増えていて、
生きて経験を積んでそれを咀嚼してきてやっと、
そういう瞬間に巡りあえてる気がしていて。
すこしでもそのときのにのに追いついた気持ちになったりして、
でもまた先のその先へにのはいて。
やっぱりにのはわたしにとって人生の先輩で、尊敬するひと。
いつまでも追い越せない、それもなんだかしあわせな気持ちだったりします。

まだまだこれからも、そういう瞬間に出会えるのかもしれないなあと思うと、がんばんなきゃなあ、と思う夜です。


最後になりましたが、ブログの名前をこっそりと(前々から)変えてたのでお知らせまで。特に意味はないのですが、すきな歌のフレーズにしてみました。

Mr.Children 未完 8/17 in東京ドーム 感想


Mr.Children未完ツアー8月17日

待ちに待った東京ドーム〜〜にいってきましたの巻!


セトリ順に、個人的にグッときたポイントやら曲だけ書く!感想、って書いたけど、本当の本当に雑感です、悪しからず…><


ミスチルのはずがごくたまににのにまで思いを馳せてたりします、というのも今回にの担のお友だちと行ったのもあって、ライブ後ににのとミスチルを絡め始めてふたりで盛り上がったからです。へへへ


以外ネタバレ含みます!




***


まず、アルバム、リフレクションの中でこれは聴きたい!と思ってた曲が全部聴けて嬉しかった、これが一番大きい


演出はリフレクションツアーと変わんないのもあったけど、セトリはもちろん、テーマというのかな、全体のストーリー性がリフレクションツアーとは全然違うものやったから、同じ曲を聴いても聴こえ方が違った…!ということで、セトリ順に感想…


1未完 

これはリフレクションのラストの曲で、そのときあまりにもぐっときすぎたから、今回はすんなり始まりの曲として泣かずに楽しく聴けた


2擬態

歌うと思ってなくてびっくりした!幸福感に満ちてくる感じ、擬態とか幻聴はやっぱりライブで聴いてこそやなって思った


こっからテンションがどかん!

ニシエヒガシエ 

4光の射す方へ

ここふたつはイントロでぎゃあってなる感じ。でもポプザでやったところやからこの2曲とも歌うとは思わなかったなあ、光の射す方へは何回聴いてもすき、光の射す方へで手を伸ばすのがすきや


5CHILDREN’S WORLD


6運命

今回初!クラップたのしかったし、さくらいさんの、洗い立てのハンカチトークからの、いまここでの出会いが運命って言われてからのこの曲うれしくてたのしかった


7FIGHT CLUB

8斜陽


9I Can Make It

今回のアルバムの中で一番すきな曲、初めて映画館で聴いた瞬間にこころ鷲掴みにされた曲、生で3回目やけど、やっぱりとてつもなくかっこよかった…


10忘れ得ぬ人

これもアルバムの中で聴きたいなあって思ってた曲!ミスチル友の間で女子人気高かった曲で(わたしは蜘蛛の糸より断然忘れ得ぬ人派)、ちなみにこれ、これ、にのの音域で歌ってもらえると思う…リフレクションの中でにのみあさんに歌ってほしい曲No.1


11and I love you

ブッダのお話からのand I love youは反則やった;;どうしようもなく急に一人に〜のところ、語るように歌ってたのがすきやった;;聴けてよかった


12タガタメ

まさか聴けると思ってなかったタガタメ。演出があまりにも素敵すぎて、ぽろぽろ泣いてた


13蜘蛛の糸

14REM

15WALTZ

16フェイク


17ALIVE

イントロかかった瞬間のお客さんのざわめきが1番やった気がする…!トゥモネバとかイノワーとはまた違うざわめき!だって、まさかライブでやるとは、ALIVEが生で聴けるとは…(泣)この曲は中学のころずっと聴いてた時期があって。暗めにはじまるけど、最後は希望に向かって歩いてく音がすごくすきなんやけど、演出もわたしのイメージそのまんまで、(動く歩道には正直(⊙ェ⊙)てなったけど←)そこまでの3曲からALIVEでしめてくれる、絶対希望を残してくれる、Mr.Childrenのそういうところが本当にすきやなって思った


18進化論


19終わりなき旅

終わりなき旅もやるの意外やったな〜ってその瞬間はびっくりしてたけど、あらためてじっくり思い返すと、このセトリには必要不可欠な曲やなって思う…

それこそポプザのときにさくらいさんが、お前らの曲だ!って言ってくれたのがすごくこころに残ってて、また今回も歌わせてくれて、がっつりなファンだけじゃなくて本当にみんなに届く曲なんやなって今回すごく感じた、みんなで歌うときの気持ち良さは格別


20幻聴

幻聴もだいすき!やぱライブがたのしい!でも腕のふりが縦じゃなくて横ふりになったのがなぜ!ってなった!← アリーナではいつも通りの縦ふりというか前に手を伸ばす方やったのに!幻聴はそっちのがいいよ!(たぶんどっちでもいい)


21足音 ~Be Strong

この曲はね、ライブ後にも話してたんやけど、去年のハワイドキュメンタリー時期に出たシングルで、この歌詞と、ドキュメンタリーとかにのへの想いがわたしの中でリンクして、いつ聴いてもうるっとくる曲なのです


22I wanna be there

観客席いっぱいの光、きれいやったなあ、、しあわせな空間やった。そしてこれもリフレクションの中でお気に入りの曲で、アルバム曲の中ではやらないかもなあって思ってたから、アンコールできてうれしかった♡


23overture~蘇生

蘇生の歌詞がたぶん今回のライブにマッチしたのかなあ、もちろん人気やしライブで盛り上がるのもあると思うけど、今回のMr.Childrenからのメッセージって、終わりなきとか、ALIVEとか蘇生とか、タガタメなのかなって。ここらへんの歌詞がぜんぶリンクしてる気がして、それはさくらいさんが音楽を通してずっと伝えてる想いなのかもしれないけど、今回のライブはそれがすごく明確に、がつんと向けられてる感じがしたんだよなあ。


24fantasy


25Tomorrow never knows

26innocent world

ここふたつはどかん!どかん!!てきてテンション上がったな〜〜!たのしかった!


27Starting Over

SONGS見てからこの曲は泣ける曲になった



…とまあこんな感じ。です


あとナカケーの生声を聴けたのしあわせや…いつもさくらいさんさくらいさんって言ってるけど、こっそりナカケーさんもすきなんや…でもナカケーが話した瞬間みんながわー!ってなったから(わたしもひゃって声出したけど)こんばんは以外なんて言ってたか聞き取れなかったことが何よりも悔しい


あとブラオレツアーで田原さんがさくらいさんのことを"誰よりも音楽を愛する天才"って言ったのが今回にも繋がってて、JENがさくらいさんのことをそう紹介したときグッてきた。・゚(゚⊃ω⊂゚)゚・。


かっこよかったなあ、ほんとにかっこよかった。一生このひとたちの音楽を聴いて生きていきたいって、こころからそう思った



そして一緒に入ってくれたにの友もすごく感動してくれて楽しんでくれたみたいでよかった!いままでミスチルファンじゃない子を連れてったこと何度かあるけど、その中でも1番喜んでくれて楽しんでくれたからわたしも嬉しかった…!そしていつも通りのにのトークも交えつつミスチルトークできたのたのしすぎた…しあわせ



次はまた数週間後にひかえてるのです、次は野外、またハッピーを持ち寄るんだっ